MENU

最初にメールをくれたおじ様とは、実際に会ってセックスするかどうか悩んでいました。しかしせっかくメールをくれたんだし、とりあえず性のはけ口にはなってくれそうだったので、メールをしながら様子をうかがっていました。しかしおじ様には申し訳ないけど、他に会ってみたいと思う男性が現れてしまいました。その方とおじ様を天秤にかけると言ったら失礼ですが、どう考えても後からメールをくれた男性の方が私のタイプだったので、おじ様すみませんといった気持ちでお断りさせてもらいました。こんな私ですけど、一応苦渋の決断でした。

 

だって後からメールをくれた男性、写真を見る限りだとイケメンなんです。しかも年齢は33歳で比較的私と近いし、特にこの年齢は男性として一番脂ののっている時期だと思うんです。セフレにしてセックス三昧の毎日にするにはもってこいだと思ったんです。

 

その男性ととりあえず人となりは知っておかないとと思いメールを開始しました。いろいろ話していくうちに、段々とどんな人かが分かってきました。なんと33歳という若さで派遣会社の専務をしているようです。仕事をバリバリしているんだけどセックスをする機会がなくてサイトに登録したそうです。もちろんその若さでバリバリ仕事しているのもすごい事だし恐らくお金思っているんだと思います。もしもこれが彼氏候補なら万々歳なんですが、私はイケメンのセフレが欲しいだけ。仕事や肩書き、お金なんてものはどうでも良いんです。それに専務って「何も専務」ってよく言うじゃないですか。まあそんなことはさておき、とにかくイケメンだったので私の淫乱心にさらに火がつきました。私はこの男性をセフレにしたいと強く願うようになりました。